亜美のサイクリングBlog Vol.7 100kmライド

こんにちは、倉田亜美です。
「あづみのオータムライド」に参加するという目標もできて、
ますます自転車が好きになりそうな今日この頃です。

ある日、雛子先輩が提案したサイクリングは、
私が100kmを経験するためのコースでした。
「あづみのオータムライド」では160kmも走るので、
そのためにはまず100kmを経験しておくべきだと……。
100kmも160kmも、自転車で走れる
距離じゃない気がしますが、
やっぱり体験してみたい!

それでは、今回も私たちの写真を紹介しま~す。
雛子さんが考えてくれた100kmコースは、荒川サイクリングロードを走るほぼ平坦な道のり、らしいです。
途中で美味しいものも食べられるそうで、期待が高まります!
集合したスタート場所は、JRの葛西臨海公園駅です。
荒川の河口に近く、駅前の公園から荒川サイクリングロードに出ることができるんですよ。
荒川の広い河川敷を北へ進んでいきます。サイクリストは「荒川サイクリングロード」と呼んでますが、実際は河川や公園の管理道路です。
常に歩行者優先で走っていきます。
道は基本的に河川敷に設けられていますが、田畑や住宅の中を抜けるような生活道路も含まれます。
いくつも鉄道を越えて進んでいくと、遠くに来たなあと実感します。

雛子さんと弥生さんのおすすめグルメ処、榎本牧場に到着。
ここまでで、もう60kmも走ったことになります。
美味しいジェラートは最高の補給食だよ~。
榎本牧場から先は、荒川を離れて一般道を西へ進んでいきます。
少しアップダウンも現れますが、まだまだ元気です!
お目当てのお店に到着。サイクリストに大人気の「パン工房シロクマ」さんです。
美味しいパンのおかげでスタミナ充填! 100km行けそうな気がしてきました~。
「ほぼ平坦なコースだからな~」と言っていた雛子さん。
でもやっぱり峠が出現(泣)。
登りが距離2kmほど続く松郷峠です。
ちょうど峠のピークあたりで、サイクルコンピュータの表示を見ると、走行距離が100kmを越えていました! 最高の気分です!

峠を下っていくと、ほどなくして東武東上線の小川町駅に到着。本日のゴールです。おつかれさま~。

自分が100km走れるなんて想像できませんでしたが、無事に走ることができました。
「この調子なら160kmも大丈夫そう」と雛子さんも言ってくれたし、「あづみのオータムライド」もがんばってみますよ!

目標は、楽しんで完走すること!
みんなで!


*紹介コースはサイクリング計画の一例です。体力や経験、天候を勘案して、ご自身に見合った走行計画を立ててください。実際の通行状況は該当自治体のホームページや道路所轄部署の情報をご確認ください。また、作中の舞台が明確に存在せず、描写が現地の実際と一致しない場合もあります。
【info】
100kmのコース設定
亜美が100kmを経験したコースは、「荒川サイクリングロード」と通称されている道路を軸に構成されています。荒川の河川敷には歩行者と自転車の専用道が整備されており、勾配もほとんどありません。関東近郊のサイクリストにはなじみ深く、各方面へのアクセス路としても利用価値の高い存在です。また、亜美たちがゴールとした小川町は秩父山地の麓にあたり、周辺にはたくさんの峠があることで知られています。雛子さんが言っていたように、ほぼ平坦なコースを組んでいますが、それだけに向かい風に見舞われると難易度は一気に上がります。もし北風が予想されるなら、小川町からスタートするなどして、風向きを味方につけるのが得策です。

参考地図・ルート http://yahoo.jp/55xlaF
list page page top

AURORA

一迅社

ZWIFT

© 三宅大志・一迅社/ろんぐらいだぁす!製作委員会