亜美のサイクリングBlog Vol.10 ナイトライドで伊東まで

こんにちは、倉田亜美です。

「あづみのオータムライド」はなんとか完走したものの、
フレッシュやブルベを走るという夢を叶えるためには、
もう少し速く走れるようにならないと……。
雛子さんと紗希さんは練習会に参加したらって誘うけど、
話を聞いてると「ちょっと口の中に血の味が広がるだけ」とか
恐ろしいことを言い出すし……。

そんな時、弥生さんが提案してくれたのは「ナイトライド」。
星を見に行くサイクリングなんて、とてもロマンチック!
フレッシュを目指すためにも、ナイトライドに
慣れておかなくちゃ……。

それでは、私のナイトライド初体験を
振り返ってみます!

「今は楽しんで力を付けていけばいいんじゃないかしら」と弥生さん。
やっぱり優しい先輩だ~。
弥生さんが誘ってくれたナイトライドなら、絶対に楽しいはず!
「いいですね、ナイトライド。行きましょう!」って葵ちゃん。
別世界を走っているような感覚が好きなんだって。
いつの間に経験してたんだろう……。
幼なじみなのに、葵ちゃんには底が知れないところがあるのデス。
ほしみの駅に集合。深夜に自転車で走りだすなんて不思議。
ナイトライドに欠かせないという反射ベストと、ヘルメットに付けるライトを弥生さんが貸してくれました。
気分が盛り上がりますね~。
初めて明かされるコース内容……
夜通し走って100kmも先の伊東まで行くんだって!
えっ、朝まで走るってことですか~。
弥生さんは優しいと思ってたのに、やっぱり「サイクリスト」だ~。
神は死んだ……。
なんか凄いのキタ~って驚いたら、葵ちゃん。
ハンドル周りに明るいライトがたっくさん。
「明るすぎて“光害”と呼べる」って紗希さんに言われちゃって、珍しく葵ちゃんが凹んでました。
いよいよ出発。
もう慣れっこになった境川サイクリングロードを抜けて、国道134号線へ。
そして小田原から伊豆半島へ入っていきます。
深夜にみんなと一緒に走ってるのは不思議な感じ。
クルマが少なくて走りやすいし、月の光は明るいし、ナイトライドって楽しいかも!
やっぱり坂だ、平坦だって言ってたのに~。
伊豆半島の海岸線はアップダウンの連続。
「もう少しで坂は終わり」って、そのセリフ何度も聞いてるし~!
いつの間にかヘッドライトが消えていて、落ちていた枝に気付かず転びかけました……。
怖かったよ~。
弥生さんが電池を交換してくれて、ひと安心。
装備の大切さを痛感しました。
熱海から先は、葵ちゃんが前を走ってくれました。
「私が前で道を照らすよ。
一緒に走ろう、亜美」って、本当に頼もしいな~、葵ちゃん。
伊東の手前で、日の出と対面。
夜通し走ってきたからこそ見れる景色です。
弥生さんは、この「街が動き出す瞬間」が大好きなんだって。
私もすごく気に入りました!
「道の駅 伊東マリンタウン」で朝湯に入って、しばし仮眠。
さすがに眠いです~。
この後は、豪快な海鮮丼を思いっきり食べて、
伊東駅から輪行で帰ったのでした

夜通し自転車で走ったのは初めて。
夜明けの街が動き出す瞬間を体験したのも初めて!
自転車を始めてから、私は初めての連続です。

自転車を続けていれば、これからもいろんな
「初めて」を経験できそうです!


*紹介コースはサイクリング計画の一例です。体力や経験、天候を勘案して、ご自身に見合った走行計画を立ててください。実際の通行状況は該当自治体のホームページや道路所轄部署の情報をご確認ください。また、作中の舞台が明確に存在せず、描写が現地の実際と一致しない場合もあります。

【info】
伊東までのナイトライド
亜美たちは境川サイクリングロード(境川自転車道)を抜けて江の島に出ています。第一話から登場する境川サイクリングロードですが、一般道に比べると街灯が少なく、歩行者や障害物に気付きにくいので、十分に明るいライト類の装備と、慎重な走行を心がけてください。国道134号線に出てからは、平坦で路肩も広くて走りやすい道となります(風向きによって難易度が大きく変わります)。大磯から国道1号線に入るとやや道が狭い箇所も現れますが、小田原まで気持ちよく快走することができます。早川口交差点から伊豆の東海岸沿いに南下していきますが、根府川、真鶴、熱海といった街の前後には坂道が待っています。日中はクルマに、加えて夜間は下り坂での速度超過や路面状況に注意して、慎重に走っていきましょう。ナイトライドの前には十分な睡眠が必須です。また、気温に応じた防寒アイテムも欠かせません。ペース配分や周囲の状況を把握するためにも、ナイトライドには日中に走行した経験があるコースをおすすめします。なお、道の駅 伊東マリンタウンでは5時から朝湯を利用できますが、レストランの営業は平日が11時、休日が9時からとなります。

参考地図・ルート http://yahoo.jp/oJ3r9r
list page page top

AURORA

一迅社

ZWIFT

© 三宅大志・一迅社/ろんぐらいだぁす!製作委員会